trefoil coachから一言

2002年にコーチングを始めて早くも7年が過ぎました。

「コーチング」という新たな考え方を通して見えてきたこと、
その後、パフォーマンス学を通して、自分を表現することを知り、
自分と相手の存在の大きさと大切さを感じるようになったことは、
今の私のあり方を大きく変えています。

そんな世界を「知っていただく」というよりは、
ちょっとしたことでくじけそうになったり、
目的を失いかけている方に
コーチングという「関わり」と、
パフォーマンスという「表現法」を通して
本来のご自身を取り戻すお手伝いをする
 ・・・それが私のコーチング&パフォーマンススタイル。

Switch your mind!  -知ってる人は始めてる-


表現されない実力はないに等しい。ならば出来ることはなんだろう? 
・・・そんな身近な行動を、具体的に考えることから変わります。
自分の行動のスイッチに気づく、あなたの小さな一歩を応援します。

coach・・・それは                      「自発的な行動を促すことができる人」

「コーチ(Coach)」が最初に登場したのは1500年代。
 当時は「馬車」のことを指していました。
 そこから「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」と言う意味が派生。
 1840年代になると、英国オックスフォード大学で、
 学生の受験指導をする個人教師を「コーチ」と呼んでいました。



コーチングはあなたの目的やペースにあわせて行われます。
 コーチングが何でも解決するわけではありませんが、
 セッションを重ねることで得た気付きから、
 ご自身の納得の出来る方法で実行し、
 早く目的を達成する楽しさや充実感がわかります。



・・・コーチングを始めるきっかけは、人それぞれ。
 自分だけのコーチングスタイルでセッションを重ねる
 その瞬間から独自の歩みが加速し始めます。


    バー あなただけのコーチングが始まります

あなただけのコーチングがスタートします

扱うテーマ、しっかりとしたものがなくても構いません。
 「今、こんなことを話したい気分なの」 ・・・それもテーマ!と考えます。
 大切なのは「あなたらしさ」。答えはあなたの中にあります。


 コーチはいろんなスキルを使って
   ○ 「あなたらしさ」を引き出すお手伝いであり、
   ○ 強力なサポーター。
   ○ そして背中を押してくれる人なのです。
      あなたはセッションの中でどんな成果を挙げたいですか?


個人では目的達成や行動促進のためにコーチを雇う人が増えています。

 スキルアップ: 受験コーチング/資格取得コーチング/
 コミュニケーション・コーチング/スピーチ・コーチング/
 語学コーチング/留学コーチング/
 コンピューター(インターネット・コーチング)
 その他 : 転職/就職/起業/行動目標 など

            ※セッション:コーチとあなたの会話の場面を指します


       パーソナルコーチングセッションについては こちらから

       ビジネスコーチングセッションについては  こちらから

trefoil coachからのコメント

今の自分の状態を諦めていませんか?
必要以上に頑張りすぎていませんか?

自分自身を理解してもらうことは大事。
だけどもっと大事なのは「自分をきちんと理解すること」かもしれません。

自分を理解しているのは誰
自分が理解してもらいたい人は誰

より自分らしくあるためにしてあげられること、始めてみませんか?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。